コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジーザーン ジーザーンJīzān

1件 の用語解説(ジーザーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジーザーン
Jīzān

別称キーザーン Qīzān。サウジアラビア南西部,紅海に面した港湾都市アシール地方に属し,同地方の貿易および海運の中心地。沖合いにフラサーン諸島の小島があり,港が外洋から保護されているので,帆船建造業,漁業が盛ん。穀物,ゴマ,干物,ナツメヤシを輸出するほか,岩塩採掘,製塩も行われる。 1934年のターイフ協定でサウジアラビアに帰属したが,60年代の内戦以来,イエメンが領有権を主張してきた。人口約3万 3000。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジーザーンの関連情報