コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイクトゥイフカル Syktyvkar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スイクトゥイフカル
Syktyvkar

1930年までウスチスイソリスク Ust'-Sysol'sk。ロシア北西部,コミ共和国の首都。モスクワの北東約 1000km,スイソラ川にのぞむ河港都市で,同川がブイチェグダ川に合流する地点に近い。 16世紀に始る町で,1780年市となり,1921年コミ自治州の州都,36年コミ自治共和国の首都となった。ロシア革命前は流刑地として知られていたが,現在はコミの政治,文化,経済の中心地として発展。主要工業は造船,船舶修理,製材,製紙,家具,皮革,食品など。教育大学,美術館,各種劇場があり,科学アカデミーの支部もおかれている。コトラスとボルクタを結ぶ幹線鉄道から分岐する支線の終点で,ウフタキーロフを結ぶハイウェーが通る。空港もある。人口 23万5006(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スイクトゥイフカルの関連キーワードペチョライルイチ自然保護区ソスノゴルスク

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android