こみ

精選版 日本国語大辞典「こみ」の解説

こみ【浸・

〘名〙 (動詞「こむ(浸)」の連用形の名詞化)
① 河川の水やたまり水などがいっぱいにみなぎっていること。また、その所。
※書紀(720)仁徳一一年一〇月(前田本訓)「又将に北の河の(コミ)を防(ほそ)がむとして、茨田の堤を築く」
② 湖水。みずうみ。〔字鏡集(1245)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のこみの言及

【日本刀】より

…長さや反りの計量法は刀と同じ。(3)造込(つくりこみ)(姿) 〈鎬造(しのぎづくり)〉は刀身の表裏両面の中ほど,やや棟寄りに稜線が縦に通る(それを鎬という)様式のもの。〈平造(ひらづくり)〉は刀身の両面が平らなもの。…

※「こみ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android