スイス音楽(読み)スイスおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スイス音楽
スイスおんがく

スイスの民俗音楽は,それぞれの言語圏によって多少地域的な違いがあるが,一般に素朴で,非常に健康的である。 18世紀以前には,ほとんど単旋律で無伴奏であったが,19世紀に入ると,クラリネットやアコーディオンの伴奏がついたり,あるいは合唱の形態が行われるようになった。ヨーデル,牧牛の歌,アルペンホルンなどはきわめて郷土色豊かなものである。芸術音楽では,9~10世紀にセクウェンツィアの中心地として栄えたザンクト・ガレン修道院が知られ,作曲家ではルネサンスの L.ゼンフルや,現代の A.オネゲル,F.マルタンらが有名。 19世紀以降,特に合唱音楽が栄え,「スイス音楽協会」が中心となって活躍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android