コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイス音楽(読み)スイスおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スイス音楽
スイスおんがく

スイスの民俗音楽は,それぞれの言語圏によって多少地域的な違いがあるが,一般に素朴で,非常に健康的である。 18世紀以前には,ほとんど単旋律で無伴奏であったが,19世紀に入ると,クラリネットやアコーディオンの伴奏がついたり,あるいは合唱の形態が行われるようになった。ヨーデル,牧牛の歌,アルペンホルンなどはきわめて郷土色豊かなものである。芸術音楽では,9~10世紀にセクウェンツィアの中心地として栄えたザンクト・ガレン修道院が知られ,作曲家ではルネサンスの L.ゼンフルや,現代の A.オネゲル,F.マルタンらが有名。 19世紀以降,特に合唱音楽が栄え,「スイス音楽協会」が中心となって活躍した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スイス音楽の関連情報