スイセンノウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スイセンノウ
すいせんのう / 酔仙翁
[学]Lychnis coronaria Desr.

ナデシコ科の多年草。茎葉が銀白色の綿毛で覆われることから、フランネルソウともいう。茎は直立して分枝し、高さ40~60センチメートル。葉は対生し、長楕円(ちょうだえん)形で全縁。夏から秋、長い花柄の先に径2~3センチメートルの5弁花を1個ずつ開く。花色は紅色のほか、白、桃色など。南ヨーロッパ、西アジア原産で、花壇用として観賞される。排水と日当りのよい場所でよく育ち、秋播(ま)き草花に準じて播種(はしゅ)すれば翌年開花する。株分けによる繁殖もできる。[神田敬二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスイセンノウの言及

【センノウ(仙翁)】より

…花は直径3cmほどで紅紫色。そのほかにも,スイセンノウL.coronaria Desu.(ヨーロッパ原産),アメリカセンノウL.chalcedonica L.(英名Maltese cross,scarlet lychnis,Jerusalem cross,scarlet lightning,シベリア原産),サクラマンテマL.pendula L.(イラスト),コムギセンノウL.coelirosa Desr.(英名rose‐of‐Heaven),リクニス・ハーゲアナL.haegeana Lem.(エゾセンノウとマツモトセンノウの雑種)(イラスト)など数種が栽植される。 また日本には数種のセンノウ属Lychnis(英名campion)植物が野生しており,その代表であるフシグロセンノウL.miqueliana Rohrb.(イラスト)は落葉樹林の林縁によく見られる大型の多年草で,茎は高さ50cmから1mに達し,直立,節はふくらみ暗紫色を帯びる。…

※「スイセンノウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android