コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイツァー Suicer, Johann Caspar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スイツァー
Suicer, Johann Caspar

[生]1620
[没]1684
スイスの改革派神学者。ソウミュルおよびパリで学んだのち,1643年に牧師となり,46年チューリヒのコレギウム・カロリヌムの教授となってヘブライ語,ギリシア語などを教えた。ギリシア語文法,文学,キリスト教考古学などに関する著作,とりわけ主著"Thesaurus ecclesiasticus e patribus Graecis" (2巻,1682) は,彼が 17世紀における有数のギリシア文学者であったことを示している。彼は神学的には改革派の後期正統主義に属し,J.H.ハイデガーを助けて,スイスの改革派教会の連合をはかる"Formula Consensus Helvetica" (75) の起草にあずかり,M.アミローの普遍主義に対する穏健な立場を反映させた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スイツァーの関連キーワードマサチューセッツ十三陵貞享万暦帝プリマス尚寧王ムニョスドゥラード万暦帝尚寧

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android