コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカシカシパン スカシカシパン Astriclypeus

3件 の用語解説(スカシカシパンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカシカシパン
スカシカシパン
Astriclypeus

棘皮動物門ウニ綱タコノマクラ目スクテラ科に属するウニの一属。殻はやや大きく,外縁はほぼ五角形。歩帯は花紋状で,各歩帯に 1個の窓がある。歩帯溝は枝分かれする。肛門は口側後端近くにある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

スカシカシパン【Astriclypeus manni】

ウニ綱スカシカシパン科の棘皮(きよくひ)動物。体が扁平で,殻に5個の細長い透孔をもっているところからこの名がある。本州中部より南シナ海に分布し,内湾の浅い砂底に潜って生活し,有機物の細片を食べている。殻はほぼ円形で,大きなものでは直径14cm,高さ1.5cmになる。扁平であるが,上面の中心部は高く盛り上がり,周縁に向かって低くなる。殻の背面中央部には,4個の生殖孔があり,歩帯である5個の花紋の先端は少し開いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スカシカシパン
すかしかしぱん
[学]Astriclypeus manni

棘皮(きょくひ)動物門ウニ綱スカシカシパン科に属する海産動物。円盤に5個の鍵穴(かぎあな)をあけたような形の、茶褐色の大形カシパンウニ。直径12センチメートル余り、厚さ2センチメートル未満。表面は長さ1ミリメートルに満たない微細な棘(とげ)で一面に覆われ、上面には5枚の花びら模様が、下面には葉脈のような枝分れした溝がある。口は下面中央、肛門(こうもん)は口と殻縁の中間部分の一点にある。浅海の砂泥中に浅く体を埋め、砂泥中の腐食物を摂食する。産卵期は7~8月。本州中部以南、東南アジア方面に分布する。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のスカシカシパンの言及

【カシパン】より

…室蘭以南の浅海に産する。スカシカシパンAstriclypeus manniは1属1種の日本特産種。大型種で,径15cmにもなる。…

【カシパン】より

…ウニ綱カシパン亜目Laganinaに属する棘皮(きよくひ)動物の総称で,カシパン科,ハスノハカシパン科,スカシカシパン科など5科の種類が含まれる。別名カシパンウニ。…

※「スカシカシパン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スカシカシパンの関連キーワードカシパンハスノハカシパンヨツアナカシパン菓子パン菓子パン海胆蒸しパン蒸パン蒸かしパンシラヒゲウニ(白鬚海胆)カシパンウニ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スカシカシパンの関連情報