コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スカラー場 スカラーばscalar field

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スカラー場
スカラーば
scalar field

ある空間で,1つの量が各点の関数として一義的に与えられるとき,この空間をその量のという。特に,スカラー量の場をスカラー場という。たとえば温度,圧力,ポテンシャルなどの場はスカラー場である。相対論的にはローレンツ変換で不変でさらに空間反転で不変な場の量をスカラー場,空間反転で符号を変えるものを擬スカラー場という。また,複素数値をとるスカラー場を複素スカラー場という。これらはスピンが0のボソン場を記述するために用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

スカラー‐ば【スカラー場】

空間の任意の各点にスカラー量が与えられた場。物理学における温度や圧力を指し、座標系に依存しない。気象分野で、地上の各点における気温や気圧もスカラー場と見なせる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のスカラー場の言及

【ベクトル解析】より

…曲線に沿っての積分(線積分),平面あるいは曲面上での積分(面積分),空間領域における積分(体積分)についても,実数値関数の場合にならって同様に定義される。
[スカラー場とベクトル場]
 三次元空間内の領域Dの各点(x,y,z)にスカラー量φが与えられているとき,φをDで定義されたスカラー場という。またDの各点にベクトル量Fが対応しているとき,FDで定義されたベクトル場という。…

※「スカラー場」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スカラー場の関連キーワードブランス‐ディッケ理論ヘルムホルツの分解定理スカラーポテンシャルベクトル解析グラジエントヒッグス粒子テンソル場場(物理)場の量子論

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android