コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキファノイア宮殿 スキファノイアキュウデン

デジタル大辞泉の解説

スキファノイア‐きゅうでん【スキファノイア宮殿】

Palazzo Schifanoia》イタリア北東部、エミリアロマーニャ州の都市フェラーラにある宮殿。14世紀後半、エステ家の別荘として建造。15世紀にコズメ=トゥーラとフランチェスコ=デル=コッサが共同で描いたフレスコ画がある。現在は古代ギリシャの彫像や陶器を所蔵する市立ラピダリオ美術館になっている。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

スキファノイア宮殿の関連キーワードワールブルク(Aby M. Warburg)フェッラーラ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android