コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スキファノイア宮殿 スキファノイアキュウデン

1件 の用語解説(スキファノイア宮殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スキファノイア‐きゅうでん【スキファノイア宮殿】

Palazzo Schifanoia》イタリア北東部、エミリアロマーニャ州の都市フェラーラにある宮殿。14世紀後半、エステ家の別荘として建造。15世紀にコズメ=トゥーラフランチェスコ=デル=コッサが共同で描いたフレスコ画がある。現在は古代ギリシャの彫像や陶器を所蔵する市立ラピダリオ美術館になっている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

スキファノイア宮殿の関連キーワードコスタビリ宮殿シニョリーア宮殿ストロッツィ宮殿テ宮殿テ離宮トゥルシ宮殿ビアンコ宮殿ペーザロ宮殿ロッジア宮殿ロッソ宮殿

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone