コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクウテン諸島 スクウテンショトウ

デジタル大辞泉の解説

スクウテン‐しょとう〔‐シヨタウ〕【スクウテン諸島】

Kepulauan Schouten》⇒ビアク諸島

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スクウテン諸島
すくうてんしょとう
Kepulauan Schouten

インドネシア東部、ニューギニア島北西部のイリアン湾の湾口にある諸島。ヤーペンJapen島、ビアクBiak島、ヌムフォールNumfoor島などの島々からなる。面積3200平方キロメートル。構造的にはニューギニア本島と異なり、古代に存在したメラネシア大陸の南縁の残存とされる。住民はパプア系。1616年オランダ人のスクウテンが初来航、19世紀末にオランダ人が先住民に襲撃されてから、長らく外部に閉鎖的な地域とされていた。ビアク島はその後オランダの軍事基地となり、太平洋戦争では日本軍と連合軍との激戦地となった。ココヤシの栽培や漁業が行われる。中心地はビアク島のビアク。[別技篤彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

スクウテン諸島の関連キーワードビアク[島]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android