スクワラン(英語表記)squalane

  • squalene

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化粧品に配合されている油脂一種。深海産のサメ肝臓に含まれる油脂 (肝油) を採取し,科学的に安定させたもの。この成分が,乳液やクリームの原料としてよく利用されるのは,人間の皮脂の中にも同じ成分 (これは,スクワレンという) が 10%ほど存在するからである。皮膚への浸透性,湿潤性が優れている。また,スクワレンは酸化しやすいが,スクワランは肌の上でも安定した状態を保てるため,安全性の高い成分として化粧品によく利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スクワランの関連情報