スクワラン(英語表記)squalane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スクワラン
squalane

化粧品に配合されている油脂の一種。深海産のサメの肝臓に含まれる油脂 (肝油) を採取し,科学的に安定させたもの。この成分が,乳液やクリームの原料としてよく利用されるのは,人間の皮脂の中にも同じ成分 (これは,スクワレンという) が 10%ほど存在するからである。皮膚への浸透性,湿潤性が優れている。また,スクワレンは酸化しやすいが,スクワランは肌の上でも安定した状態を保てるため,安全性の高い成分として化粧品によく利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スクワランの関連情報