コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スクワラン squalane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スクワラン
squalane

化粧品に配合されている油脂の一種。深海産のサメの肝臓に含まれる油脂 (肝油) を採取し,科学的に安定させたもの。この成分が,乳液やクリームの原料としてよく利用されるのは,人間の皮脂の中にも同じ成分 (これは,スクワレンという) が 10%ほど存在するからである。皮膚への浸透性,湿潤性が優れている。また,スクワレンは酸化しやすいが,スクワランは肌の上でも安定した状態を保てるため,安全性の高い成分として化粧品によく利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スクワランの関連キーワードネピアアンパンマン鼻セレブモイスチャー化粧品鼻セレブ ティシュ自然化粧品スクアレン肌セレブやけど口紅

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スクワランの関連情報