スズケン[株](読み)スズケン

百科事典マイペディアの解説

スズケン[株]【スズケン】

医薬品卸売業界の最大手企業。医家向け医薬品を中心に販売する。1932年鈴木健三が医薬品卸商鈴木健三商店を開業。1946年株式会社に改組。メーカー系列の医薬品卸と競争しながら,医薬品の流通革命を推進した代表的企業。1964年現社名に変更。営業網確立や情報システム構築に力を注ぎ,1988年には医薬品情報ネットワークシステム〈T.M.Sネット〉を構築した。近年M&Aで急拡大し,全国展開へ。本社名古屋。2011年資本金135億円,2011年3月期売上高1兆7519億円。売上構成(%)は,医薬品卸売94,医薬品製造1,保険薬局4,医療関連サービス等1。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android