コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スターラ・プラニナ[山脈] Stara Planina

1件 の用語解説(スターラ・プラニナ[山脈]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スターラ・プラニナ[山脈]【Stara Planina】

ブルガリアの中央を東西に走る山脈で,ブルガリア語で〈古い山脈〉の意。通称バルカン山脈。古称はアエモンAemon,ハエムスHaemus,ハエムHaem,エムスEmusなど多数。この山脈によりブルガリアの国土の約4分の1は高原となり,同時に南と北の二つの気候帯に区分されている。長さ530km,幅15~35km,最高峰ボテフBotev山(2376m)。中生代にできた褶曲山脈で,山頂は浸食されてなだらかな丸屋根型の稜線をなしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のスターラ・プラニナ[山脈]の言及

【ブルガリア】より


【自然】
平野部が少なく,山と丘陵が多い。バルカン山脈(ブルガリア語ではスターラ・プラニナStara Planina山脈)が中央部を東西に横切り,気象条件の異なる南と北の部分に国土を両断している。 国土を地形によって分けると,次の4地帯に大別される。…

※「スターラ・プラニナ[山脈]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スターラ・プラニナ[山脈]の関連キーワードアトラス山脈シエラネバダ山脈バルカン山脈ブルガリア語主脈南嶺山脈ピレネーヒンズークシ山脈讚岐山脈

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone