コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スティック・チャート stick chart

世界大百科事典 第2版の解説

スティック・チャート【stick chart】

ココヤシの葉柄貝殻を結びあわせてつくった海図。太平洋,ミクロネシアマーシャル諸島の人々は,かつて海面のうねりの諸現象に習熟し,それらをもとにして独自の優れた航海術を編み出したことで知られる。彼らは海のうねりが島に衝突した後に変化することを経験的に知り,それによって目的の島の位置を探りあてた。このような航海術の基本的な考え方を具象化したものがスティック・チャートであり,貝殻が島々の位置関係を示し,ココヤシの葉柄がうねりの方向を示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スティック・チャートの関連キーワードウーモルディック・チャート

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android