コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストックホルムの血浴 ストックホルムのけつよく

世界大百科事典 第2版の解説

ストックホルムのけつよく【ストックホルムの血浴】

デンマーク王クリスティアン2世のスウェーデン王即位直後の1520年11月8日と9日の両日,カルマル同盟反対派がストックホルム城前の大広場で大量処刑された事件。同盟の実権はデンマークが掌握し,その支配下のスウェーデンではデンマークが支援する同盟派と反対派の紛争は絶えなかったが,デンマーク王は反対派を武力制圧してスウェーデン王に即位した。11月7日の戴冠式には反対派も招待され,その翌日国王の許可を得て同盟派の指導者グスタブ・トロレ大司教は,内乱中に教会が蹂躙されたとして異端審問を開き,即死刑を宣告して刑の執行を始め,2人の司教,大臣,貴族,市民など100人近くが処刑された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ストックホルムの血浴の関連キーワードグスタブ[1世]

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android