コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストックホルムの血浴 ストックホルムのけつよく

1件 の用語解説(ストックホルムの血浴の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ストックホルムのけつよく【ストックホルムの血浴】

デンマーク王クリスティアン2世スウェーデン王即位直後の1520年11月8日と9日の両日,カルマル同盟反対派がストックホルム城前の大広場で大量処刑された事件。同盟の実権はデンマークが掌握し,その支配下のスウェーデンではデンマークが支援する同盟派と反対派の紛争は絶えなかったが,デンマーク王は反対派を武力制圧してスウェーデン王に即位した。11月7日の戴冠式には反対派も招待され,その翌日国王の許可を得て同盟派の指導者グスタブ・トロレ大司教は,内乱中に教会が蹂躙されたとして異端審問を開き,即死刑を宣告して刑の執行を始め,2人の司教,大臣,貴族,市民など100人近くが処刑された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ストックホルムの血浴の関連キーワードアンクヌートクリスチャンクリスティアンサンデンマーク語スウェーデン門デンマーク連合王国クローネ(Krone)ノルウェー・クローネスウェーデン半血種 (Swedish Halfbred)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone