ストック経済(読み)ストックけいざい(英語表記)stock economy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストック経済
ストックけいざい
stock economy

ストックが中心的な役割を果たすようになってきている経済。ストック化の進展している経済状況で,金融資産の蓄積,資産価格の上昇などの動向が経済の動きに大きな影響力を及ぼす。たとえば,資産ストックは利子・配当を生み,財産所得の増加,すなわち可処分所得の増加をもたらすとともに,資産価格の上昇はキャピタルゲインを生み,キャピタルゲインが消費の増加をもたらしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android