コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ストリキニン strychnine

翻訳|strychnine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストリキニン
strychnine

化学式は C21H22N2O2マチンの種子に含まれるアルカロイドの一つ。ストリキニーネともいう。斜方晶系の結晶。融点 286~288℃。水,エーテル,冷アルコールに難溶,クロロホルムに易溶。水溶液は強い苦味をもつ。古来オオカミなどの毒殺薬として有名。猛烈なけいれん毒で,微量は心臓の興奮剤に用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のストリキニンの言及

【ストリキニーネ】より

…マチン属Strychnos植物中に含まれる中枢神経興奮作用を現すアルカロイドで,毒薬。ストリキニンともいう。現在はマチンS.nuxvomicaの種子,馬銭子(まちんし)(ホミカともいう)から抽出し,硝酸塩として精製される。…

※「ストリキニン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ストリキニンの関連キーワードセイイグナチウスマメストリキニーネ中毒マチン(馬銭)小竹 無二雄ロビンソン嗅覚障害森島庫太ブルシンホミカ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android