興奮剤(読み)こうふんざい

精選版 日本国語大辞典「興奮剤」の解説

こうふん‐ざい【興奮剤】

〘名〙
① 脳や心臓に刺激を与えて興奮させる薬。カンフル、アルコール、カフェインなどの類。興奮薬。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉二三「労役者は此の一時の激醸を購ひて興奮剤(コウフンザイ)となし」
② (比喩的に) 精神を刺激するもとになるもの。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉七「其中に不醇の野心が興奮剤となっては居なかったか」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android