ストロンチウム90(読み)ストロンチウムきゅうじゅう(英語表記)strontium 90

翻訳|strontium 90

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ストロンチウム90
ストロンチウムきゅうじゅう
strontium 90

ストロンチウムの 19種の放射性同位体の一つで,ウラン核分裂に際して生成され,β線を放出する物質。半減期は 28年。カルシウムに類似した化学的性質をもち,人体に吸収されると骨に付着しやすく,骨肉腫白血病の原因となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のストロンチウム90の言及

【ストロンチウム】より

…【曾根 興三】
[放射性ストロンチウム]
 ストロンチウムには質量数78から94まで19の同位体があるが,そのうちの15は放射能をもつ放射性同位体である。そのなかで代表的なストロンチウム9090Srは核分裂生成物であり,大気圏内原水爆実験に際しての放射性降下物中に含まれ,半減期が27.7年と長いこと,体内ではカルシウムに似て消化管から吸収されると骨に集まり,そこで放射線に感受性の高い骨髄を長期にわたり照射することなどから注目された。原子力発電所等の原子炉内でも生成されるが,環境中に放出されることはない。…

※「ストロンチウム90」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ストロンチウム90の関連情報