スバル派(読み)スバルは

旺文社日本史事典 三訂版の解説

明治末期,文芸雑誌スバル』(1909〜13)に拠った同人たちとその傾向をいう
『スバル』は石川啄木吉井勇らが創刊。のち森鷗外を中心に与謝野鉄幹晶子上田敏木下杢太郎 (もくたろう) ,北原白秋らが属した。新ロマン主義を唱え,耽美主義・芸術至上主義的傾向を持つ。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android