コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スパティフィルム

百科事典マイペディアの解説

スパティフィルム

おもに熱帯アメリカに,少数フィリピンなどに分布するサトイモ科の常緑多年草で,三十数種があり,一部が温室などで栽培される。ただし,切花や鉢植で出回るのは雑種起源の園芸品種であることが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スパティフィルム【Spathiphyllum】

サトイモ科の常緑多年草で,熱帯アメリカに35種,フィリピン,モルッカ諸島などに3種が分布する。ササウチワS.patinii (Hogg.) N.E.Br.は1912年に渡来した。コロンビアから欧米に導入されたというが,原産地はよくわからない。日陰でもよく生育し,観賞温室で栽培されている。純白色の仏焰苞(ぶつえんほう)は長さ8~10cm,先が細くとがった長卵形で芳香がある。鉢物として栽培が多いのは,交雑種のマウナ・ロアcv.Mauna Loaで,仏焰苞は幅広く丸弁で,長さ15~20cmになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

スパティフィルムの関連キーワード仏炎包

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android