コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スピキュール スピキュール spicule

翻訳|spicule

3件 の用語解説(スピキュールの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

スピキュール(spicule)

太陽の彩層に発生する針状のジェット流。直径1000キロメートル、長さ1万キロメートルにおよぶ高温のガスがコロナ外層に向かって飛び出し、通常数分にわたって持続する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

スピキュール

針状体とも。太陽の彩層に見られる高温ガスの噴流。直径1000km,長さ約1万kmの針のような形をしており,彩層底部から磁力線に沿って秒速20〜30kmで上昇してコロナの中を突き進んだ後,下降または消失する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

スピキュール【spicule】

針状体ともいう。太陽の彩層に見られる高温ガスのジェット流のこと。スピキュールは直径1000km,長さ約1万kmの針状の形をしており,太陽全面に網目状に分布している超粒状斑(直径3万km)の縁に沿って生垣のように立って見える。太陽全面で約30万本ある。太陽面上に投影して見ると暗い筋状に見える。スピキュールは彩層低部から発射され,磁力線に沿って数分間毎秒20~30kmの超音速で上昇しコロナの中を突き進んだ後,下降したり消えたりする現象である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のスピキュールの言及

【骨格】より

… 海綿動物はわずかな数種を除いてはみな骨格をもっている。骨格は種類によって違うが,多くの場合には骨片spicule(針骨)という炭酸カルシウムまたはケイ素化合物からなる多数の小体であるが,またある種類では角質様の繊維が構成する不規則な立体的網目細工(これが普通に市販されている海綿である)をなす。 腔腸動物のうちではサンゴの類だけが骨格を有し,しかもそれは風変わりな骨格である。…

【彩層】より

…Hα線だけを通すリヨ・フィルターで太陽面を見ると,たいへん非均質な彩層の構造を見ることができる。彩層の構造は太陽面に突き刺さった針状のスピキュール群とその間の温度約6000Kのガス領域からなる。非均質な構造は磁場の分布によるもので,スピキュールは太陽全面を網目状に覆う磁力線に沿って起こるジェット流である。…

※「スピキュール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スピキュールの関連キーワードフレア彩層閃光スペクトル内合反彩層金烏赤烏羊斑太陽の都針状体

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone