コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スフール遺跡 スフールいせきMugharet es-Skhul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スフール遺跡
スフールいせき
Mugharet es-Skhul

イスラエルの北西部ハイファの南約 20kmにある洞窟遺跡で,1929~34年にイギリス,アメリカの先史学研究所の合同調査団によって発掘された。タブーン遺跡からは数百mの距離にある。スフール遺跡では小児骨と,6体の成人を含む9体の化石人骨が発見された。これらの化石人骨群には典型的ネアンデルタール型の特徴とホモ・サピエンスの現代的特徴の両方が認められる。石器の型式からみてもタブーン人と同じく,ルバロア=ムスティエ文化期のものとされている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スフール遺跡の関連キーワードカルメル山遺跡

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android