コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入歯 いれば

百科事典マイペディアの解説

入歯【いれば】

義歯とも。欠損した歯を補う人工歯。金属,プラスチック,陶材などを用い,機能上,時に美容上の目的で行われる。狭義には有床義歯橋義歯ブリッジ)の2種。広義には補綴(ほてつ)といって,一部欠損した歯を修復する金属冠や継続歯も含まれる。(1)金属冠。虫歯や外傷で充填(じゅうてん)では不可能なほど欠損した歯冠を人工的に修復するもので,金合金,金パラジウム銀合金,ニッケルクロム合金などで作る。最近は前歯部にはあまり用いない。(2)継続歯。つぎ歯とも。歯冠がひどくおかされている時,歯根を支台にして人工歯冠と継続するもの。陶材,プラスチックなどで作る。前歯部に用いる。(3)ブリッジ。橋義歯とも。人工歯を支持するため橋のように隣接する歯にかけ渡した義歯。咬合(こうごう)力を歯肉で負担する有床義歯に比して異物感が少なく咀嚼(そしゃく)能力もすぐれるが,橋脚歯の負担が大きい。材料は金属冠と同じ。(4)有床義歯。1〜数歯が欠損した時の部分床義歯は人工歯,義歯床,義歯の抜けるのを防ぐ鉤(かぎ)からなる。全歯を補う全部床義歯(総義歯)は義歯と義歯床とからなる。いずれも人工歯は陶材,プラスチック,義歯床にはプラスチック,各種金属合金を用いる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いれば【入歯】

人工的な歯の総称で,義歯dentureともいう。金属冠などの冠をはじめ,継続歯(さし歯,つぎ歯),橋義歯(ブリッジ),部分床義歯(局部義歯),全部床義歯(総入歯,総義歯)など,すべてを含む。しかし一般的に入歯という言葉からは,主として取りはずしのできる部分床義歯や全部床義歯が連想される。
[入歯の種類]
 (1)金属冠metal crown 一般には金冠とも呼ばれ,単に詰める(充てん(塡))だけではまにあわないほどに歯(歯冠)が破壊した場合に作られるもので,歯全体を覆って元の形に回復した義歯。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の入歯の言及

【歯】より

…和尚の宿房に置いた経筥(きようばこ)の上にその歯があったという(《古事談》)。 柳生(やぎゆう)宗冬が使ったと思われる総入歯が柳生家の墓から出たが,総入歯は江戸初期からあった。多くはツゲの木で造り,奥の臼歯はおおむね平板のままだったが,なかにはその上に小さな釘を2列に並べて打ったものもあった。…

※「入歯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

入歯の関連キーワードブリッジ(歯科)入れ歯感謝デー歯科用合金卓上計算機兼康祐元松井源水

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入歯の関連情報