コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スプン(水豊)湖 スプンこSup'ung-ho

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スプン(水豊)湖
スプンこ
Sup'ung-ho

中国ではシュイフォン (水豊) 湖。北朝鮮,ピョンアンプク (平安北) 道の北部,中国との国境を流れるアムロク (鴨緑) 江の中流に築かれた多目的ダムで形成された人造湖。日本の霞ヶ浦の約2倍の面積をもち,周囲 160km,貯水容量 116億m3。ダムは高さ 106m,長さ約 900m。発電能力は 70万 kW。日本統治期の 1941年に送電を開始し,出力 64万 kWで竣工したが,朝鮮戦争で破壊され,その上流に新たに建設された。 58年8月完成。湖には定期船が運航している。ダムのあるサクチュ (朔州) 郡スプンは木材の集散地。湖岸のチョンス (青水) にはカーバイド,合成ゴムの工場がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スプン(水豊)湖の関連キーワードチャンソン(昌城)郡

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android