コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スミス都へ行く

2件 の用語解説(スミス都へ行くの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

スミス都へ行く

1939年製作のアメリカ映画。原題《Mr. Smith Goes to Washington》。監督:フランクキャプラ、出演:ジェームズ・スチュワート、クロードレインズ、ジーン・アーサーほか。第12回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同脚本賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スミスみやこへいく【スミス都へ行く Mr.Smith Goes to Washington】

1939年製作のアメリカ映画。フランク・キャプラ監督作品。原作はルイス・R.フォスター(1900‐74)の《モンタナから来た男》で,ワシントンとリンカンを理想の人物として崇拝する田舎町の少年団の団長(ジェームズ・スチュアート)が,欠員になった上院議員に祭りあげられ,美しい女秘書(ジーン・アーサー)の協力をえて陰謀とたたかった結果,腐敗した政治の世界で民主主義の伝統的な理想と正義が勝利を収めるという,アメリカ的な楽天主義が風刺と皮肉をこめて貫かれた物語。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のスミス都へ行くの言及

【キャプラ】より

…シチリア生れ。1930年代に脚本家ロバート・リスキンとのコンビにより《一日だけの淑女》(1933),《或る夜の出来事》(1934),ゲーリー・クーパー,ジーン・アーサー主演の《オペラ・ハット》(1936),《群衆》(1941),ジェームズ・スチュアート,ジーン・アーサー主演の《我が家の楽園》(1938),《スミス都へ行く》(1939)など,平凡な市民の善意の勝利を〈モダンなおとぎ話〉として描き,〈アメリカの夢〉を楽天的にうたい上げた〈ニューディール・コメディ〉で一世をふうびし,4年間に3度もアカデミー監督賞を受賞(《或る夜の出来事》《オペラ・ハット》《我が家の楽園》),アメリカ映画の代表的監督となった。チャップリン,ロイド,キートンと並ぶサイレント映画の〈四大喜劇王〉の一人,ハリー・ラングドンの最高傑作といわれるスラプスティック・コメディ《初恋ハリー》(1927)やブラック・ユーモアの喜劇《毒薬と老嬢》(1944)の監督としても知られる。…

※「スミス都へ行く」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

スミス都へ行くの関連キーワード恐怖映画日活(株)緑簾石角閃岩相DA40電気事業源氏物語アップルトンイシャウッド九州大学ソ・フィン戦争

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

スミス都へ行くの関連情報