コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スムガイト Sumqayıt

デジタル大辞泉の解説

スムガイト(Sumqayıt)

アゼルバイジャン共和国東部の都市。首都バクーの北西約30キロメートル、アプシェロン半島北西部のカスピ海沿岸に位置する。旧ソ連時代の政策により重工業地帯になった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スムガイト
すむがいと
Сумгаит Sumgait

アゼルバイジャン共和国の都市。カスピ海に突出するアプシェロン半島北西岸にある。首都バクーとの間約35キロメートルに鉄道が通じる。人口26万1200(2002)。1939年には人口6000ほどの寒村であったが、49年に市制を敷き、現在バクーに次ぐ工業都市となった。共和国の直轄市で、方形の道路網を配した新興の計画都市である。スムガイト化学工業のほか、石油化学、合成ゴム、鋳造、コンプレッサー、タービン、軽金属、ガラス、建設資材、トリコット製品など多様な業種の工場がある。また、石油化学研究所、工学、医学、音楽などの高等教育機関の所在地で、歴史博物館もある。[渡辺一夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スムガイトの関連キーワードナゴルノ・カラバフ戦争ナゴルノ・カラバフ渡辺一夫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android