コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スラウェシスラタン州 スラウェシスラタンSulawesi Selatan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スラウェシスラタン〔州〕
スラウェシスラタン
Sulawesi Selatan

インドネシアスラウェシ島中央部と南西部の半島を占める州。北はスラウェシトゥンガ州,東はスラウェシトゥンガラ州ボネ湾,南はフロレス海,南西はマカッサル海峡,北西はスラウェシバラット州に接する。州都マカッサル。2004年北西部がスラウェシバラット州として分離した。北部から南部にかけて山が連なり,特に北部は山岳地帯で,北部中央にはスラウェシ島最高峰のランテコンボラ山(3455m)がある。中ほどにはテンペ湖を中心とする低地が広がり,山の東西の傾斜地から狭い海岸低地に向かって河川が流れる。住民はイスラム教徒のブギス族マカッサル族のほか,キリスト教徒のトラジャ族など。14世紀頃からブギス族やマカッサル族によって多くの王国が建設された。今日スラウェシ島では最も開発されており,平野部は耕地化が進んでいる。農業が主産業で,米,トウモロコシ,コプラなどを生産する。遠洋漁業も重要。製造業は精米,セメント,飲料など。鉱業では銀,スズ,ニッケル,鉄鉱石が採鉱される。マカッサルには拠点空港がある。面積 4万6717km2。人口 803万4776(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

スラウェシスラタン州の関連キーワードパレパレ

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android