コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スラップスティック slapstick

翻訳|slapstick

デジタル大辞泉の解説

スラップスティック(slapstick)

《道化師が相手役を打つ棒の意》どたばた喜劇。無声映画の時代に米国のマック=セネットが作りあげた喜劇のスタイル。スラップスティックコメディー。
打楽器の一。2枚の薄い板の端をちょうつがいでつなげ、打ち合わせて音を出すもの。鞭(むち)の音などを表すのに使われる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

スラップスティック

米国の作家カート・ヴォネガットのユーモア小説(1976)。原題《Slapstick》。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

大辞林 第三版の解説

スラップスティック【slapstick】

〔道化が相手役を打つ棒の称から〕
無声映画に始まる、激しい動き、誇張した演技、発作的展開などを特徴とする喜劇。どたばた喜劇。スラップスティック-コメディー。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

スラップスティックの関連キーワードスラップスティックコメディーきみどりみどろあおみどろそれでも地球は回ってるブルース・ブラザースつる姫じゃ~っ!アクション映画ボディ・アートフランキー堺アメリカ映画どたばた喜劇地下鉄のザジマルクス兄弟榎本 健一景山 民夫ボネガット高橋留美子コメディーセネット川島雄三無声映画

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スラップスティックの関連情報