コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スラブ人会議 スラブじんかいぎ Slovanský sjezd[チエコ]

1件 の用語解説(スラブ人会議の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

スラブじんかいぎ【スラブ人会議 Slovanský sjezd[チエコ]】

1848年6月2日から12日までボヘミアの首都プラハで開催された史上初のスラブ民族全体会議。ドイツ語でSlawen Kongress。ハンガリードイツの接近と,同年5月に始まったドイツ統一問題を掲げるフランクフルト国民議会に対抗して,オーストリア帝国内のスラブ人の結束を図る目的で開かれた。主唱者はチェコ人パラツキースロバキア人シャファーリクら。参加者はオーストリア帝国以外に居住するスラブ人を含めた約360名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のスラブ人会議の言及

【プラハ】より

…19世紀半ばプラハの人口は約11万で,人口比はドイツ人(ユダヤ人を含む)6に対しチェコ人4であったが,48年の農奴解放令後,ボヘミアの農村からのチェコ人農民の流入が激しく,人口構成も逆転していき,たとえば61年のプラハ市議会のチェコ人議員数はドイツ人を上回った。 1848年6月に,プラハでは史上初めてのスラブ人会議が開かれ,オーストリア帝国内のスラブ人の大同団結を訴えた。また同時にプラハでは市民,労働者,学生の反オーストリア蜂起が起こったが,短期間で鎮圧され,反革命を勢いづかせる契機をつくった(48年革命)。…

【48年革命】より

…だがこのチェコ民族主義はハプスブルク帝国を維持しながらその中でチェコ人の自治を最大限に獲得しようというもので,しかも要求からは労働者の〈労働の権利〉の要求や農民の賦役廃止の要求が抜け落ちていた。このチェコ民族主義者によって6月2日にプラハに招集された〈スラブ人会議〉もハプスブルク帝国の存続を前提とした〈オーストリア・スラブ主義〉を提唱し,帝国解体をとなえるバクーニンらの批判をまねいた。しかもこの会議は6月12日のプラハの急進派の蜂起と,蜂起を鎮圧したウィンディッシュ・グレーツ軍の前になんの成果もなく解散させられてしまった。…

※「スラブ人会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

スラブ人会議の関連キーワードジギスムントボヘミアボヘミアンマルティヌーボヘミアガラス早生れボヘミアの森からボヘミアン・シェパード・ドッグボヘミアン・スポテッド・ドッグ成田空港予定地の強制代執行

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone