スーイ・アーブ(英語表記)Sūy-āb

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スーイ・アーブ
Sūy-āb

中央アジア,イスイククリ湖西方,チュー川の岸にあったオアシス都市。中国,唐代の文献には,砕葉城,素葉 (水) 城の名でみえる。7世紀初めにはこの地に西突厥の本拠が置かれた。その後一時唐の支配下に入ったが,8世紀初めには再びトルコ系のチュルギシュ (突騎施) の可汗がここを奪うにいたった。スーイ・アーブは中国,モンゴル高原から西方へ向かう商業路の交差点にあたるため,ソグド人を筆頭に諸国の商人が集まり,10世紀頃まで繁栄した。キルギスにあるアク・ベシム遺跡は,スーイ・アーブの故城と考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android