オアシス都市(読み)オアシストシ

  • oasis

大辞林 第三版の解説

オアシスに発達した都市。古代・中世の中央アジアでは城郭都市を形成。天山南路の要地を占め、中継貿易で繁栄したクチャ・カシュガル・ホータン・高昌など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

中央アジア砂漠地帯のオアシスに成立した都市
オアシスでは農耕が行われ,また隊商貿易の基地として,宿場・市場の性格をもって繁栄した例が多い。古代中国の史家はこうしたオアシスを城郭国といい,1オアシスが1国家の形をとる傾向が強かった。天山南路のタクラマカン砂漠周辺のホータン于闐 (うてん) )・疏勒 (そろく) ・クチャ亀玆 (きじ) )・カラシャール焉耆 (えんき) )などはその代表例である。また文化交流の中継地としての役割も果たしていた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オアシス都市の関連情報