スーパーシティ(読み)すーぱーしてぃ

知恵蔵miniの解説

AI(人工知能)とビッグデータなどの最先端技術を組み合わせて活用し、移動、物流、支払い、医療・介護行政、教育など、住民の生活にかかわるすべてのことをスマート化した都市のこと。かねてより「最先端技術と大胆な規制緩和により、地域と事業者と国が一体となって目指す取組みとして未来社会を先行実現する『まるごと未来都市』」=「『スーパーシティ』構想」として、政府国家戦略特区の一つとして推進することが検討されてきた。2020年5月、同構想が盛り込まれた国家戦略特区法の改正案が国会で可決された。

(2020-6-1)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

人工知能やビッグデータといった最先端技術を活用した「2030年ごろに実現される未来社会」。今年5月に改正国家戦略特区法が成立したのを受け、政府は自治体からの提案を受けて先行して取り組む自治体を選定。生活全般にわたる先端的サービスの提供や複数分野でのデータ連携、規制改革に据える。

(2020-11-30 朝日新聞 朝刊 群馬全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スーパーシティの関連情報