スーパーPAC(読み)すーぱーぱっく(英語表記)Super PAC

知恵蔵miniの解説

スーパーPAC

アメリカの政治資金管理団体。PACはPolitical Action Committee(政治行動委員会)の略。アメリカでは企業や団体などが政党や政治家に直接献金を行うことは禁止されているため、政治献金の受け皿となるPACを設立して個人から資金を集め、選挙運動への資金援助などを行ってきた。従来のPACでは個人献金に一人年間5000ドルまでという上限が定められていたが、2010年の最高裁判決で上限なく献金を集めることが可能になり、以後「スーパーPAC」(特別政治行動委員会)と呼ばれるようになった。スーパーPACとして臨む初の選挙戦となった12年のアメリカ合衆国大統領選挙では、有力候補についたスーパーPACがテレビCMを通じて他候補を中傷するネガティブキャンペーンに巨額の資金を投入し、大きな影響力を示している。

(2012-10-31)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

スーパーPAC

企業や団体の直接献金が禁じられている米国では、従来は企業の役員らが個人の資格で、政治家や、政治献金の受け皿となる「政治活動委員会(PAC)」に献金してきた。しかし、2010年の最高裁判決で、候補者の運動と独立した活動であれば企業や労働組合も献金でき、しかも従来は設けられていた献金額の上限がない「スーパーPAC」ができた。集められた資金が、特定候補の支援広告やライバル候補へのネガティブキャンペーンに使われることが多く、「独立性」が形骸化しているとの指摘もある。

(2016-03-15 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android