セキュリティーパッチマネジメント(読み)せきゅりてぃーぱっちまねじめんと

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

セキュリティーパッチマネジメント

企業や団体など、LANで接続された環境でセキュリティーパッチを個別に(ユーザー単位で)当てるのではなく、システム管理者が設定したセキュリティーポリシーに応じて、自動的にセキュリティーパッチを当てるシステム。マイクロソフト(株)では、システム管理者が不在の環境でもインターネットに接続できる環境であれば自動的にセキュリティーパッチの更新の有無を確認するツール『Microsoft Update』(Windows XP/2000、Windows Server 2003対応)を提供している。そのほか、システム管理者が必要なセキュリティーパッチを判別して、同じセキュリティーレベルを保持するためのシステムツールも各社から提供されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android