コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セギュール夫人 セギュールふじんSophie Rostopchine,comtesse de Ségur

2件 の用語解説(セギュール夫人の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

セギュールふじん【セギュール夫人 Sophie Rostopchine,comtesse de Ségur】

1799‐1874
フランスの童話作家。ロシアの将軍で,ナポレオン侵攻のおりモスクワ総督であった父が皇帝の寵を失ったため,一家とともに1816年フランスに移住し,19年セギュール伯爵と結婚した。ノルマンディー地方のヌエットの領地で生涯の大部分を過ごし,夫人の童話は多くこの地方を舞台としている。雨の日に幼い孫たちに話をつくり聞かせていたが,2人の孫娘が外交官の父とともにロンドンに移ったのがきっかけで,夫人は物語を書き始めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セギュール夫人
せぎゅーるふじん
Comtesse Sophie Rostopchine de Sgur
(1799―1874)

フランスの作家。帝政ロシアの高官の娘としてサンクト・ペテルブルグに生まれる。失寵(しっちょう)を被った父に従って、1817年フランスに移住。2年後セギュール伯爵と結婚し、パリに居を構えるが、夫に顧みられず、オルヌ県の私有地で生涯の大半を過ごすことになる。この土地を背景として孫たちのために書いた童話が、やがて大きな成功を収める。つねに善悪の性格の対比からなる彼女の物語の世界は、極端に単純であり、そこに描かれるモラルはすでに過去のものとなったが、軽妙な文体に支えられて、彼女の作品は今日なお子供たちの心をとらえている。『ロバの思い出』Les Mmoires d'un ne(1860)、『ソフィの不幸』Les Malheurs de Sophie(1864)、『ドゥラキン将軍』Le Gnral Dourkine(1866)などの作品がある。パリに没す。[山下佳代子]
『鈴木力衛訳『学問のあるロバの話』(岩波少年文庫) ▽那須辰造他訳『セギュール夫人童話集』全6冊(1969・岩崎書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セギュール夫人の関連キーワードブラウン序曲ヘルダーリンワレンシュタイン紀上太郎常磐津文字太夫(2代)西宮新六科学史市川団十郎紙パルプ工業

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone