コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セセリモドキガ

世界大百科事典 第2版の解説

セセリモドキガ

鱗翅目セセリモドキ科Hyblaeidaeの昆虫の総称。熱帯地方を中心に約30種を産する。すべて昼間に活動し,一見セセリチョウに似るのでこの名がある。日本の温帯域には特産種ニホンセセリモドキHyblaea fortissimaが分布しており,山間の渓流沿いの日だまりを早春に飛翔(ひしよう)する。開張3cm前後。前翅は暗灰色でやや黄灰色を帯び,暗色点が密に分布する。幼虫はムラサキシキブを食草とし,6月ころ葉をつづって隠れ家をつくり,その中にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セセリモドキガ
せせりもどきが / 擬蝶蛾

昆虫綱鱗翅(りんし)目セセリモドキガ科Hyblaeidaeの総称。この科は世界でわずか30種しか知られていない小群で、昼間活動し、その姿態がややセセリチョウを連想させるのでその名がある。赤道の周囲に分布する熱帯性のガであるが、日本には特産の1種ニホンセセリモドキHyblaea fortissimaがすむ。このガははねの開張30ミリメートル前後、前翅は灰褐色、後翅は黒褐色で4個の黄色紋をもつ。おもに早春、谷沿いの日当りのよい所を活発に飛び地物に止まる。これらは越冬した成虫で、幼虫は5月ごろムラサキシキブの葉を食べ、夏までにはガになるがまもなく休眠に入り、翌春までほとんど活動しない。[杉 繁郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

セセリモドキガの関連キーワード擬挵蝶蛾

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android