コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セティ一世葬祭殿 セティイッセイソウサイデン

1件 の用語解説(セティ一世葬祭殿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

セティいっせい‐そうさいでん〔‐サウサイデン〕【セティ一世葬祭殿】

Mortuary Temple of Seti Ⅰ
エジプト、ナイル川中流西岸に位置する古代エジプトの聖地アビドスにある葬祭殿。新王国第19王朝セティ1世により造営が始まり、息子のラムセス2世の時代に完成。最高神アモンラーをはじめ、イシスホルスオシリスなどの神々とともに、神格化したセティ1世自身を祭る至聖所がある。色鮮やか浮き彫りが数多く残り、古代エジプトの神殿の中でも特に保存状態がよいことで知られる。
エジプト南東部の古代都市テーベ(現ルクソール)のナイル川西岸にある葬祭殿。新王国第19王朝のセティ1世により造営が始まり、息子のラムセス2世の時代に完成。至聖所には両王の浮き彫りが残っている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

セティ一世葬祭殿の関連キーワードAmerican Federation of Labor and Congress of Industrial Organizations《Economic Control of Quality of Manufactured Product》Federation of Indian Chambers of Commerce and IndustryIndex Catalogue of Nebulae and Clusters of Stars《Journal of the Mathematical Society of Japan》《Systems of Consanguinity and Affinity of the Human Family》《Publications of the Mathematical Society of Japan》People's TempleNew General Catalogue of Nebulae and Clusters of StarsWorld Confederation of Organizations of the Teaching Profession

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone