コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セパタクロー sepak takraw

デジタル大辞泉の解説

セパ‐タクロー(sepak takraw)

《セパはマレー語で蹴る、タクローはタイ語ボールの意》マレーシアのスポーツ。三人ずつの2チームがネットをはさんで、ボールを蹴って相手コートに入れ合う。1990年の北京アジア大会で正式種目に採用された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

セパタクロー【sepak takraw】

バレーボールとサッカーを組み合わせたような球技。一チーム三人。ネットをはさんで対陣し、手・腕を使わず三回以内のタッチでボールを相手側に返す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

セパタクロー
せぱたくろー
sepaktakraw

9世紀ごろから東南アジアの各地で行われていた球技がルーツで、セパはマレー語で「蹴(け)る」を、タクローはタイ語で「ボール」を意味している。手を使わないバレーボールともいわれ、ネットを挟んで3人1組のチーム(レグ)がボールを打ち合う。肩から手の指までは使えないが、ほかはどこでも使える。コートはバドミントンと同じ13.4メートル×6.1メートルで、センターに張るネットの高さは男子は155センチメートル、女子は145センチメートルとなっている。ボールは従来は籐(とう)で編んだものが使用されていたが、1999年の北京(ペキン)アジア競技大会から公認球はプラスチック製となった。ボールの直径は男子用14センチメートル、女子用14.5センチメートル、重量は男子用170~180グラム、女子用は150~160グラムとなっている。得点は1セット15点で2セット先取したレグが勝ちとなる。もし、各レグが1セットずつとった場合はタイブレーク・セットが行われ、6点を先取したレグが勝者となる。世界選手権大会などの主要大会では、レグ種目とチーム種目(3レグが出場して勝敗を争う団体戦)が行われる。1965年に第3回東南アジア半島競技大会の競技種目として採用されたのを機会にアジア・セパタクロー連盟が設立され、統一ルールがつくられた。日本では1989年(平成1)に日本セパタクロー協会が設立されている。[平野信昭]

ルール変更

2008年4月現在、ボールの円周は、男子用が41~43センチメートル、女子用が42~44センチメートル、重量は男子用が170~180グラム、女子用が150~160グラムと規定されている。得点は1セット21点のラリーポイント制で2セットを先取したレグが勝ちとなる。タイブレークセットは15点を先取したレグが勝者となる。
 競技種目は、チーム、レグ、ダブル、サークル、フープの5種目がある。ダブルは2人1組でレグ種目を行う競技、サークルは5人1組で輪になって定められた順番でリフティングを続け、10分間の回数を競う競技、フープは5人1組で輪になり5メートル上に吊るした籠(かご)に足、肩、頭を使って10分間にボールを入れた数を競う競技である。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

セパタクローの関連キーワードエスニックスポーツアジア競技大会バレーボールタイブレーク葉月みかんサッカータッチレグ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セパタクローの関連情報