コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

民族スポーツ みんぞくスポーツ

百科事典マイペディアの解説

民族スポーツ【みんぞくスポーツ】

ある特定の民族の間に,あるいはある特定の地域に古くから伝承されているスポーツのこと。しかも,それぞれの民族や地域に固有の,土着(バナキュラーvernacular)の文化やコスモロジーと深く結びついているスポーツを意味する。民族衣装,民族舞踊,民族音楽,民族料理などと同じ語法。とりわけ,民族スポーツは土着の宗教(信仰)や生業形態(気候・風土),および戦闘形態を色濃く反映しているように思われる。したがって,運動形態としてはよく似ているものもあるが,その精神性,あるいは文化性という点では,個々の民族スポーツごとに異なっており,特異性・独自性を持っている。 たとえば,綱引きを民族スポーツとして行っている民族はかなりの分布を示しており,多くの点で共通する要素をもっているが,厳密にいえば,一つひとつ異なるものである。イヌイット(エスキモー)では天候占いのために,アイヌは熊祭の一環として,カムチャツカ半島のイテリメン族は季節の変化を確認するために,東南アジアの穀物栽培民の間では豊穣儀礼として,北アフリカのベルベル族では降雨祈願のために,あるいは,日本では竜や蛇を意識した水神儀礼として行われたり,まことにバラエティに富んでいる。 相撲・レスリング系の格闘技も民族スポーツとして広い分布を示すが,これらもまた綱引き同様,各地域や民族によって微妙にその性格を異にする。民族スポーツは,その一部が近代化をはたして国際化し,それらが近代スポーツとなって,近代オリンピック競技大会やサッカー・ワールドカップのように,今日のスポーツ文化の中心を形成していると同時に,いまだ土着性(バナキュラー性)のなかに閉じこもって,民族固有のエスニシティethnicityを形成する文化装置としての機能を固持しており,いわば,今日のスポーツ文化の周縁を形成しているのである。 最近になって,民族スポーツの存在そのものに高い関心が寄せられるようになってきたが,それらの調査・研究という点ではまだ始まったばかりである。それらの成果によると,近年では,民族固有のエスニシティの確認を意識した民族スポーツ大会が開かれるようになってきているという。たとえば,スペイン・バスク地方のバスク民族スポーツ大会,アラスカのワールド・エスキモー・インディアン・オリンピック,スコットランドのハイランド・ゲームなどがある。これらの小規模の民族スポーツ大会は無数にあるといってよい。日本でも,〈馬の日〉(9月23日)には東京・世田谷の馬事公苑で,毎年,全国各地に伝承されている馬の民俗スポーツが披露されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みんぞくスポーツ【民族スポーツ ethnic sport】

特定の民族あるいは特定の地域に古くから伝わり,これを行う人々の伝統的文化に深く根ざしたスポーツのこと。民族音楽,民族舞踊,民族料理などと同じ語法である。したがって,グローバルに展開して,オリンピック(IOC主催)に収斂(しゅうれん)するいわゆる国際スポーツ(あるいは近代スポーツ)からは区別される。世界各地で行われる民族スポーツ(エスニック・スポーツ)を紹介すれば,次のようである。
[アジア]
 南中国から東南アジア大陸部にかけての水稲耕作地帯に行われる民族スポーツの代表は,綱引きボートレース(竜船競漕)である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

民族スポーツの関連キーワードマージナルスポーツセパ・タクローフットボールハイアライナーダム

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民族スポーツの関連情報