コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セラミド ceramide

デジタル大辞泉の解説

セラミド(ceramide)

動物の脳の白質や表皮の角質層を形成する細胞膜に、多量に存在する脂質の一種。皮膚の保湿、柔軟性を維持する働きがあるとされ、化粧品などに使用される。N-アシルスフィンゴシン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

セラミド


 スフィンゴシンのアミノ基に脂肪酸が酸アミド結合している物質.スフィンゴ糖脂質を加水分解すると得られる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

セラミドの関連キーワード手・指皮膚炎(手湿疹/主婦湿疹)セラミドホスホグリセロール子どものアトピー性皮膚炎生体膜マイクロドメイングルコセレブロシドフォスフォリパーゼスフィンゴミエリンスフィンゴリン脂質ガングリオシド老人性乾皮症類脂質沈着症セレブロシドごほうび週間おたふく堂細胞間脂質リン脂質保湿成分糖脂質つや湯コリン

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

セラミドの関連情報