セルゲイ ゲラーシモフ(英語表記)Sergei Gerasimov

20世紀西洋人名事典の解説

セルゲイ ゲラーシモフ
Sergei Gerasimov


1906.6.3 - 1985
ソ連の映画監督,俳優,シナリオ作家。
ソ連邦人民芸術家,ロシア共和国最高会議代議員。
ウラル地方生まれ。
アトリエ「道化役工場」、エキセントリック俳優工房所属。1930年「二十二の不幸」で監督をつとめる。’46年より全ソ国立映画大学の教授となる。ソヴィエト映画人同盟副書記長を務める。主な作品は「コムソモーリスク」(’37年)、「教師」(’39年)、「若き新衛隊」(’47年)、「静かなドン」(’57年)など。ソヴェート平和擁護委員会委員。ソ連邦国家賞受賞。第3、4期のソ連邦最高会議代議員、第7、8期のロシア共和国最高会議代議員を務める。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

セルゲイ ゲラーシモフ

生年月日:1906年5月21日
ソ連の映画監督,脚本家
1984年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android