コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どん ドン

デジタル大辞泉の解説

どん[名・副]

[名]正午を知らせる空砲。サイレンの普及する以前の明治初期から昭和初期にかけて行われ、東京では丸の内で鳴らした。
[副]
弾薬などが炸裂するときや、太鼓を強く打ったときなどに響く、低くて大きい音を表す語。「祝砲がどんと鳴り響く」
音をたてるほど勢いよく押したり、突いたり、ぶつかったりするさま。「肩口をどんと突く」

どん[接頭]

[接頭]名詞に付いて、まさにそれに相当するものであることを強調していうのに用いる。接頭語「ど」をさらに強めた語。「どんじり」「どん底」「どんづまり」

どん[接尾]

[接尾]《「どの(殿)」の音変化》人名、または人を表す名詞に付いて、軽い敬愛の気持ちを表す。商家などで、同輩または目上の人が奉公人を呼ぶときなどに用いる。「お梅どん」「長どん(=長吉のこと)」
[補説]九州南部では一般の敬称としても用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

どん

正式社名「株式会社どん」。英文社名「Don Co., Ltd.」。小売業。昭和45年(1970)「株式会社フォルクス」設立。平成18年(2006)「株式会社どん」を吸収合併し現在の社名に変更。本社は埼玉県鶴ヶ島市柳戸町吉野家ホールディングス子会社の外食チェーン。「ステーキのどん」「フォルクス」などステーキハウスの出店規模国内トップクラス。しゃぶしゃぶ・イタリア料理店も展開。大阪証券取引所第2部旧上場。平成22年(2010)上場廃止

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

大辞林 第三版の解説

どん

( 副 )
(多く「と」を伴って)
太鼓の鳴る音、大砲や銃の発射音、波の打ち寄せる音などを表す語。
物が強く当たったり、物をたたいたり、重いものが落ちたりするさまや音を表す語。 「背中を-とつきとばす」 「テーブルを-とたたく」 → どんと
( 名 )
正午に鳴る号砲。明治初期から1929年(昭和4)まで、東京丸の内で、空砲を鳴らして正午の時報としたもの。 「蕎麦屋の担夫かつぎが-が鳴ると、蒸籠や種ものを山の様に肩へ載せて、急いで校門を這入つてくる/三四郎 漱石
運動競技などの開始を知らせる号砲やかけ声。 「用意、-」

どん

( 接頭 )
〔接頭語「ど」の撥音添加〕
名詞に付いて、接頭語「ど」をさらに強めた語。 「 -じり」 「 -けつ」

どん

( 接尾 )
〔「どの(殿)」の転〕
人名または人を表す名詞に付いて、軽い敬愛の気持ちを表す。商家などで、奉公人を同輩または主人側の人が呼ぶときなどに用いられる。 「勝-」 「権助-」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

どんの関連キーワードジェレミー・フィッシャーどんステーキハウス フォルクス宮崎県都城市山之口町富吉ドン・イタリアーノ小松無極子ぎゅうべえさんざ騒ぎ大原左金吾陶山訥庵ひげじいサイレン倹飩女郎御三どん太田呑竜どん詰りどんくん廻漕問屋勝元源吾どどん倹飩酒

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どんの関連情報