コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セルシウス温度目盛 Celsius temperature scale

1件 の用語解説(セルシウス温度目盛の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

セルシウス温度目盛【Celsius temperature scale】

1742年にスウェーデンセルシウスが定めた温度目盛で,水の氷点と沸点の間を100に区分した温度スケール.最初は沸点を0℃,氷点を100℃ として定義されたが,後に氷点を0℃,沸点を100℃ とする現行のものに変えられた.現在では絶対温度(ケルヴィン温度)の273.15Kを0℃,373.15Kを100℃ とすることになっている.「摂氏温度」はセルシウスの華訳(摂爾斯)の最初の1文字をとったものである.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

セルシウス温度目盛の関連キーワード白河藩セルシウス度助産所火罪紀海音公事方御定書毛抜蓑庵セ氏温度

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone