コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火罪 かざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火罪
かざい

火焙 (ひあぶり) ,焚刑 (ふんけい) ともいう。江戸時代刑罰の一つ。罪人を火であぶって死にいたらしめること。火焙そのものは戦国時代より行われていたが,火罪として整えられたのは江戸時代に入ってからである。『公事方御定書』によると,これが科せられるのは火付け (放火) を行なった者のみであり,その処刑は引廻 (ひきまわし) のうえ,小塚原 (千住) ,あるいは鈴ヶ森 (品川) において行うが,在方の場合は火付けした場所へ送ってすることもあるとしている。また,火罪には必ず田畑,家屋敷,家財の没収と引廻とが付加され,その焚骸は獄門と同様そのままにして3日2夜さらされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐ざい〔クワ‐〕【火罪】

戦国・江戸時代に行われた刑罰の一。罪人を市中引き回しのうえ、火あぶりにした刑罰。キリスト教信者やその他の重罪人に対して行ったが、寛保2年(1742)以降は放火犯にのみ適用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かざい【火罪】

江戸時代、主として放火犯人に科した刑。市中引き回しの上、火あぶりにした。火刑。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の火罪の言及

【闕所】より

…私的に所持する財産を官没するもので,公的な支配権の召上げは改易(かいえき)と呼び区別した。《公事方御定書》によれば,鋸挽(のこぎりびき),磔(はりつけ),獄門,火罪,斬罪,死罪,遠島および重追放の諸刑には田畑,家屋敷,家財の取上げが,中追放には田畑,家屋敷の取り上げが,軽追放には田畑の取上げがそれぞれ付加される。これを欠所と称し,武士,庶民を通じて適用したが,扶持人の軽追放においてはとくに家屋敷のみの欠所とする。…

【火焙】より

…火罪(かざい),火刑,焚刑(ふんけい)ともいい,罪人を焼き殺す刑罰。前近代には世界の各地で行われ,とくにヨーロッパにおいて異端,魔女など宗教上の犯罪に科せられた歴史は名高い。…

【放火】より

…これは火付札と呼ばれる高札(こうさつ)の示すところで,常時高札場に掲げられていた。一方《公事方御定書(くじかたおさだめがき)》によれば,放火犯には引廻しの上火罪(かざい)(火焙(ひあぶり))の厳刑が科せられた。ただし火を付けても燃え立たなかった場合には,引廻しのうえ死罪とし,また人に頼まれ放火した者は死罪,その依頼人を引廻しのうえ火罪に処した。…

※「火罪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火罪の関連キーワード建造物等以外放火罪現住建造物等放火罪現住建造物放火罪破壊活動防止法業務上失火等罪予備(法律)自分仕置令観念的競合失火責任法闕所・欠所公共危険罪業務上過失破廉恥罪即時犯国外犯森林法失火罪危険犯放火罪過失犯

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android