コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セロボ文化 セロボぶんかSerovo culture

2件 の用語解説(セロボ文化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セロボ文化
セロボぶんか
Serovo culture

ロシア,沿バイカル地方の新石器文化の一つ。前3千年紀に位置づけられている。この文化期の埋葬墓が多数発見され,アンガラ川流域のイルクーツクからブラーツクの間では 18地点あり,レナ川上流域,バイカル湖東岸セレンガ川流域にも,典型的なセロボ式の墓が広がっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

セロボぶんか【セロボ文化】

1950年に,A.P.オクラドニコフによって提唱された,ロシア・バイカル地方新石器編年の第3期で,前3千年紀と推定された。アンガラ川に注ぐザディルミ支流の入口,セロボSerovo村で発見された墓群をもとに命名された。1933年以降数次にわたって,オクラドニコフによって調査され,20基の墓と4基の配石が明らかにされた。そのうち,本文化期に属するのは12基で,他はキトイ文化グラスコーボ文化に属する。セロボ文化期に属する墓は地表に配石があり,長さ1.8~3.0m,幅0.6~2.0mで,楕円形のものが多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone