セントジョージ要塞(読み)セントジョージようさい(英語表記)Fort Saint George

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

セントジョージ要塞
セントジョージようさい
Fort Saint George

イギリス東インド会社がインド南東海岸に設置した要塞。のちのマドラス発祥の地 (→チェンナイ ) 。 1639年チャンドラギリ王から租借し,商館を設置したことに始まる。土侯軍の襲撃から守るため要塞を構築し,1653年完成した。以後,イギリス東インド会社の商業活動の拠点としてプリカットのオランダ商館と対抗した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

セントジョージ‐ようさい〔‐エウサイ〕【セントジョージ要塞】

Fort St. George》インド南部、タミルナドゥ州の都市チェンナイにある旧要塞。17世紀に英国東インド会社の商館が置かれ、港の防備のためにコーウム川河口に建造。インド初のイギリス国教会であるセントメアリー教会も併設。現在、要塞は博物館になっており、当時の武器や絵画などを展示している。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android