イギリス国教会(読み)イギリスコッキョウカイ

  • Anglican Church
  • イギリスこっきょうかい〔コクケウクワイ〕

大辞林 第三版の解説

国王を教会の首長とするイングランドの国教会。一六世紀、ヘンリー八世の首長法などを機にローマ教皇支配から独立し、プロテスタントの中道をとる。国教会。アングリカン教会。聖公会。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1534年ヘンリ8世の首長法によりローマ−カトリック教会から分離して成立したイギリス独自の教会
国王を教会の長とするが,実務上はカンタベリ大司教が最高責任者。教義は,当初カトリックとほとんど変わらなかったが,1549年の次王エドワード6世による一般祈禱書の制定発布でルター派やカルヴァン派の要素を取り入れて新教化が進んだ。その後,1559年のエリザベス1世による統一法の制定で国教会が確立された。しかし,主教制度などカトリックに似た制度を継承しているため,こうした教義や制度の不徹底さに反発して,その後,メソジスト派などが分離した。日本では聖公会と呼ばれる。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報