コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントポール寺院 セントポールジイン

デジタル大辞泉の解説

セントポール‐じいん〔‐ジヰン〕【セントポール寺院】

St. Paul's Cathedral》英国の首都ロンドンにあるイギリス国教会大聖堂。7世紀初頭、ケント王国時代の小聖堂に起源する。中世にノルマン様式の大聖堂が建造されたが、1666年のロンドン大火で焼失。チャールズ2世の依頼を受けた建築家クリストファー=レンの設計により、1675年から1710年にかけて現在見られる新古典主義様式の大聖堂が再建された。地下礼拝堂には、ネルソン提督、ウェリントン将軍、建築家レン、チャーチルらの墓所がある。セントポール大聖堂
インド東部、西ベンガル州の都市コルカタにあるイギリス国教会の大聖堂。市街中心部、モイダン公園南東の一角に位置する。19世紀半ば、ネオゴシック様式で建造。高さ約60メートルの塔をもち、内部には聖パウロを描いたフレスコ画やステンドグラスがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

セントポール寺院の関連キーワードジェームズタウン(イギリス領セント・ヘレナ島)セビリア カテドラルミレニアムブリッジ都市(地理学)聖パウロダン倫敦

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android