コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

セントマーチン島 セントマーチントウ

デジタル大辞泉の解説

セントマーチン‐とう〔‐タウ〕【セントマーチン島】

Saint Martin》西インド諸島東部、小アンティル諸島北部にある島。起伏に富み、海岸には入り江が多い。1648年にオランダ人とフランス人が入植。北部はフランス領(サンマルタン)、南部はオランダ領(シントマールテン)となっている。主要産業は観光。
St. Martin's Island》バングラデシュ最南端、ベンガル湾にある島。コックスバザールの南約10キロメートルの半島の沖合に位置する。ミャンマーとの国境をなすナフ川の河口に近い。ベンガル語では「ココナツの島」とよばれる。近年、海岸保養地としての開発が進められている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

セントマーチン島の関連キーワードサンテチエンヌ大聖堂関水結花アルコアスロバキア文学マーチン(Kenneth Martin)ロペス(Jennifer Lopez)リッキー マーティンサンマルタン聖堂セント・マーティン湖ルソー

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android